いや~怖い体験でしたよ。

金曜日の夜から調子が悪くなり、土曜日は市販の解熱剤を飲んで1日大人しく過ごしていました。普段のバンブーなら、2日も休めば回復して月曜日からは元気に「行ってきます~」となるのですが、今回は・・・・・。

土曜日の夜から体温が37.8℃まで上昇。寒気で身体の震えと喉の強烈な痛みも出てきました。その影響で熟睡する事が出来ず、1時間ごとに寝る起きるを繰り返していました。

日曜日は「埼玉県トライアスロン連合」主催のスイム練習会に参加する予定だったのですが体温も上昇してきたのでお休みする事にしました。

このままの状態だと月曜日からの仕事に影響すると思い、急遽、休日診療をしている病院に飛び込みました。インフルエンザの検査をした後(-でした)、診察を終えて薬を処方してもらい帰宅。

すぐに薬を服用して布団に入りました。薬のお陰でグッスリと寝れましたが、目が覚めてしばらくすると朝よりも強烈な寒気・喉の痛み・体温の上昇(38.2℃)が出てきました。

ブルブル震えながら2回目の薬を飲んで様子を見ましたが、さらに酷くなる体調。あまりの寒気に歯がガチガチと鳴る状態に夏てしまいました。この時の体温39.0℃まで上昇していました。

バンブー「薬が全く効いていない(((((ToT)))))ブルブル」

その後は身体を休ませようと布団に入るのですが全く寝る事が出来ません。夕方になる頃には飲み物すら喉を通らなくなってしまいました。この時の体温40.2℃。身体を起こす事も苦しくなってきました。

バンブー「このままの状態だと明日の朝まで身が持たない」

と考えたバンブーは、ダメ元で日曜日の午後に診察してくれる病院がないかネットで探しました。幸いバンブーの実家近くにありました。藁にも縋る思いで病院に向かいます。

ドクターに午前中処方してもらった薬の内容を確認してもらったら、Drから衝撃の一言「バンブーさんの症状で、この薬をだす医者はヤブ医者だよ(怒)。この薬は症状が軽い時に出す風邪薬で、喉からくる高熱には全く効果がないんだよ」と言われました。

現在、急遽駆け込んだ病院のお陰で夜には平熱近くまで熱は下がりました。もし午前中の医者で処方された薬を飲み続けていたらどうなっていたのかと考えると怖いの一言です。

病院で処方してもらった薬を飲めば飲むほど悪くなる体調。高熱と寒気で落ちて行く体力と気力。時間が過ぎるごとに言う事が効かなくなる肉体。近年で一番恐ろしい経験をしました。

医者も人間なので、誤診や判断ミスもあると思います。患者の方も少しでも良くなる兆候が見当たらなければ、医者を変えて違う視点で判断をしてもらう事の重要性を肌で感じました。

今日は事務長の配慮で仕事は休ませてもらいました。明日から仕事に復帰できそうです。職場の皆様、月曜日から休んでスミマセンでしたm(__)m。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
気力と体力の回復力が高いと言う噂の
皆様のワンクリックをお願い致します。

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/04/17 10:24 ] ダイアリー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する