許可が出る事による喜怒哀楽。

今日は「さとう接骨院」で院長と今後の話をしました。

バンブー。
「スイムトレを再開したいのですが・・・・・」


佐藤院長。
「軽くなら良いと思いますよ。でもバンブーさん。タイムを追い込む様な泳ぎはしないでくださいね」


バンブー。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-_-)」


さすが佐藤院長。長いお付き合いで、バンブーの身体をメンテしているだけあって、バンブーの性格も解ってらっしゃいますm(__)m。ストレッチも「腰から遠い所から始めて下さい」と言っていたので言う事は聴きます。

アクセルを踏みたいバンブーに、ブレーキをかける存在が佐藤院長です。彼の存在無くして、バンブーのトライアスロンは語れないと思えるくらいです。

佐藤院長から、スイムトレの許可が出たので、来週からスイムトレを開始していきたいと思います。ただ、治療が優先になるので、以前の様に週2回をガンガン泳ぐわけにもいかないので、少しずつ始めたいと思います。

余談ですが・・・・・m(__)m。

バンブー親父の退院が明日に決まりました。最新のホルモン治療のおかげで、1000以上あった腫瘍マーカー値も半分以下になって、これから自宅での療養が始まります。

しかし、ここで終わりではなく始まりです。ハッキリ言ってしまえば、明日からが本当の闘いの始まりです。現代医療の進化のおかげで、新年を迎えられれば御の字と言われていた親父が、Drから「家族の皆で花見をやりましょうね」まで言われるくらい回復しました。

今まで他人事のように思っていた、親&義親の介護や付添。ある意味、これからが本当の戦いが始まる覚悟をもって生活していかないとイケナイないのでしょうね。
スポンサーサイト
[ 2016/11/04 22:39 ] ダイアリー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する