所沢シティーマラソンに参加してきました。

2006年以来9年ぶりに「所沢シティーマラソン」に参加してきました。UP&DOWNが連続するドМなコースが特徴で年々盛り上がりを見せる所沢市の12月恒例名物行事です。

ここ数年、年内にハーフマラソンを走っていませんでしたが、今年は例年より走れる感じがあったのでチャレンジする事にしましました。しかし、昨年&今年春のハーフマラソン(鴻巣・吉川ともに2時間台)の結果を考えると、今回の「所沢シティーマラソン」の挑戦は無謀とも思いましたし、バンブー自身も「時間内完走が出来れば合格」と思っていました。

今回のレースでは、もう一つ試したい事がありました。それは「クエン酸ドリンクだけでエネルギーが持つか」でした。朝起きてスグに「クエン酸ドリンク6mg」を一気飲みをして、スタート1時間前に「クエン酸5mg+ノンカロリースポーツドリンク」を飲むだけで後は、レース中に補給水を取るだけと決めていました。

自宅で出来る準備をすべて終えて、7時40分頃に自宅を出発しました。今日は北風が強いうえに冷たくて厳しいレースになる予感はしましたが、久しぶりの地元のレース。心は小学生の遠足に行く時のように踊っているのが解りました。
PAP_0040_20151206150045ba5.jpg

ママチャリを漕いで大会会場の「西武プリンスドーム」を目指します。スタート30分前に到着してUPを開始。最初は外を走っていましたが、あまりにも寒いので球場内に移動。普段は入れないグランド内をグルグルと回ってUPをしました。

スタート地点に選手が集まり始めたので、バンブーは「目標完走タイム1時間40~2時間00分」のブロックに入ってスタートを待ちます。電光掲示板にカウントダウンの数字が映し出らせて、会場のボルテージが一気に上がりスタートしました。

「所沢シティーマラソン」には細かいUP&DOWNの他に、激登りが4ヶ所ほどあります。まず最初は「上山口中学校」の登り、次に「山口中入口」の登り、その次は「早稲田大学裏坂」の登り、最後は「埼玉県立芸術総合高校」横の登りがあってランナーを苦しめます。

しかし、バンブーが一番苦しかったのは、登りではなく下りでした。「椿峰ニュータウン」の下り、「埼玉県立芸術総合高校横」の下り、「狭山湖コインパーキング」から「高橋」の交差点までの下り。スムーズに下る事が出来ず、どうしてもブレーキをかけながら走ってしまいました。

激坂区間以外は何とか1Kmを5分台で走る事が出来たので「もしかしたら2時間を切る事が出来るかも…」と淡い期待をしていましたが、狭山湖の給水所で時間を見ると残り時間がギリギリの状態。

脚は残っていませんでしたが、最後の給水所で頭から水をかぶって気合を入れてゴールを目指します。何時ものレースのように前にいるランナーを抜かせるように追いかけます。

残り1Km地点では、2時間までの残り時間は約5分丁度くらい。腕時計のストップウオッチをクリアにして残り1Kmのタイムトライアル開始です。苦しくてたまりませんでしたが無事にフィニッシュラインを踏む事が出来ました。腕時計を見ると目を疑いました。目に飛び込んできた1Kmのタイムが・・・。4分56秒でした。これは自分でもビックリです。そして結果は・・・。

PAP_0039_201512061500444bb.jpg
2時間を切る事ができました。しかもこのタイムは、過去の「所沢シティーマラソン」の記録を見ても2番目に良いタイムでした。自信になりますね。

苦しいレースでしたが、大会関係者の皆様ならびにボランティアの学生さん。皆様のおかげで楽しむ事ができました。ありがとうございます。来年も参加したいですね。

本日の修行
バイク 上記参照(ママチャリ) 12Km(-452Km)
ラン UP2Km・レース21Km 23Km(-154.5Km)


完走後、嬉しく酒を飲みまくっています。17時前なのにすでにベロンベロンです。
スポンサーサイト
[ 2015/12/06 16:44 ] ダイアリー | TB(-) | CM(2)

お疲れ様。
私はとうていマラソンは無理。
まぁ怪我しないようにね。
[ 2015/12/06 18:00 ] [ 編集 ]

編集長。
コメントありがとうです。
これから走りまくりますよ。編集長の投げ込みとおんなじですよ。
好きな事、楽しい事があると人生、楽しくてたまらないと思っています。
[ 2015/12/06 20:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する