アニメからも参考になる事もあります。

昨日のパンクのショックも癒えて、今日は早速、ホイールにタイヤの装着をしました。「ミシュラン PRO4」と「ミシュラン リチオン2」がワンセットづつあったので、どっちを装着するか迷いましたが色々と考えた結果・・・・。

こちらにしました(^O^)/。「ミシュラン リチオン2」。PAP_0017_20150504174012c1f.jpg

PRO4も考えたんだけど・・・・。値段が高いからやめました。レースに出る様になるまで取っておこうと思います。
PAP_0016_20150504174011629.jpg

装着が終わってローラー台トレを開始。
Up3Km(25Kmキープ)
3Km(35Km以上)+1Km(イージー)☓1本
1Km(40Km以上)+1Km(イージー)☓2本
1Km(50Km以上)+1Km(イージー)☓1本     計13Km


今日は天気も良かったので、昨日に引き続き街道練習をやろうかなと迷いましたが、当初の予定通りローラー台トレを行う事になりました。ローラー台のメリットは「信号がない」・「空気抵抗がない」・「車&歩行者がいなくて安全」・「一般道では出せないスピードが出せる」等だと思います。と言う事は、ローラー台の上は、どんな道よりも最高のコンディションで走る事が出来る所だとバンブー自身は思っています。

その最高のコンディションであるローラー台の上で、目標のスピード(時速)が出せないとか持続できない言う事は、実際のレースの時に、目標スピードで走る事は絶対に出来ないと考えいます。

アニメ「弱虫ペダル」の中でも、当時1年生だった福富寿一がロードバイク初心者の荒北靖友に対して「ローラーは基本だ」・「2時間は乗れ」・「これに乗れなくては速くはならない」と言っていましたが、このトレーニング方法はバンブーも賛成です。

現在のバンブーの実力では2時間ローラーに乗る事は出来ませんが、目標のスピード(時速)・それ以上のスピード(時速)を維持する力を付けたくて、街道練習で距離を稼げない事を承知の上で、上記のトレーニングを考えて5月に入ってから開始しました。今後も継続していきたいと思います。

理想は軽いギアでクルクルとハイケイデンスで回して、目標のスピード(時速)を出せると最高なのですが、ケイデンスを上げるとバイクが暴れて安定しません。踏み足と引き足の力のバランスが悪いため起こる現象だそうです。ぺダリングの実力がまだまだ無いですね。

今後は、AVG35Km以上は10Km・AVG40Km以上は5Kmをローラー台の上で持続できるように頑張ります。また、街道練習もヒルクライムトレを中心に考えています。

本日の修行
バイク ローラー台(スピード持続走) 13Km(-115Km)
ラン 多摩湖ショートコースラン 9Km(-148.7Km)
スポンサーサイト
[ 2015/05/04 20:01 ] ダイアリー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する