ヒントは競技会に落ちている。

公認記録会や競技会に行くと、色々の学校が参加しています。そのほとんどは、地元埼玉県の中学校や高校ですが、今回の大会には私立の強豪校が参加していました。

ウォーミングアップの時に、彼らの走り方がジョグにもかかわらず。なぜか、周りで一緒に走っている他校の学生さんと違って見えました。走るスピードは、ほとんど周りと変わらなのですが、走っている姿が大きく見えたのです。

じっくり彼らの走りを見ていると(怪しいオジサンに見えただろうな)、ある1点に気が付きました。それは、彼らはゆっくり走っている時も、靴の裏全体が見えるくらい高く足を蹴っている事。普通の人の蹴り足は、靴全体の3分2が見えるくらいでしたので、強豪校の学生さん達が、いかに普段から蹴り脚を高くする事を意識しているか想像できます。実際、その強豪校は、ある種目で、1位~3位まで独占でした。

実際、バンブーも真似してみましたが、蹴り脚を高くすることを意識しすぎると、身体がピョンピョン跳ねてしまい、上下動が激しいだけの走りになってしまいました。本当にムズカシ。しかし、速く走るためのヒントにはなりました。

なので、これから走る時は、( ゚Д゚)「蹴り脚を高くする事を意識します」。これで、少しでも走るのが速くなると良いな~。

本日の修行
ラン ラダートレ(ドリル+流し) 50m×20本・流し1Km(4分22秒)・ダウン1km 合計3Km (-24.9Km) 
スポンサーサイト
[ 2014/11/18 22:08 ] ダイアリー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する